もどる 
本堂
 明治13年(1880)再建されたものでご本尊様は釈迦牟尼仏である。 左右に迦葉、阿難の二尊者が脇仏として祀られている。扁額の筆は大本山総持寺の貫主を務めた石川素堂禅師で」ある」。