もどる 
 文化10年(1813)再建されたもので大屋根に煙抜きの小屋根が乗り玄関土間天井には松の大木での小屋組みが施されており江戸期の禅宗寺院の庫裏の造りが今も残っている。